読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きくらげ観察日記

好きなことを、適当に。

Googleの各種APIの取得から利用まで

Others

まずは以下のリンクからGoogle Developers Consoleにログインします。

Google Cloud Platform


APIキーの取得などは、サイドメニューの「API Manager」から行います。

f:id:cloudear8:20160221191609p:plain

初めて利用する場合、サイドメニューのAPI Managerをクリックすると「プロジェクトを作成する」に飛ばされるので、プロジェクト名などを適当に決めた後利用規約に同意してプロジェクトを作成します。

f:id:cloudear8:20160221191737p:plain

プロジェクト作成後、もしくは既にプロジェクトが存在している場合は、以下のようにAPIの一覧が表示されます。
f:id:cloudear8:20160221191805p:plain

今回は例としてTranslate APIを取得してみましょう。
「その他の一般的なAPI」→「Translate API」に進み、「Enable」ボタンで有効化します。

f:id:cloudear8:20160221191835p:plain


有効化が終わったら、サイドメニューから「認証情報」に進みます。

f:id:cloudear8:20160221191904p:plain

ここで、APIを利用するサーバーの登録などを行います。
「Create creditentals」ボタンを押すことによって、新しい認証情報を作成することができます。

とりあえず試しに動かしたいだけなので、「APIキー」→「サーバーキー」を選択します。
Calendar APIのようにユーザーのデータを取得する必要があるようなものは、OAuthによる認証を行うこともできるようです。

f:id:cloudear8:20160221191931p:plain

名前を適当に決めて、使用するサーバーのIPアドレスを入力します。

f:id:cloudear8:20160221192006p:plain

「作成」ボタンを押すと、APIキーが取得できます。

f:id:cloudear8:20160221192035p:plain

これをメモって、次にサイドメニューの「お支払い」に進みます。

f:id:cloudear8:20160221192126p:plain

課金を有効にしてね的なことを言われるので、「請求先アカウントの作成」に進み、支払い情報を入力します。

f:id:cloudear8:20160221192133p:plain

登録が完了すれば、APIが利用できるようになります。