きくらげ観察日記

好きなことを、適当に。

【重要】MacBookを手に入れたら真っ先にインストールするべき最強アプリn選

いい加減研究室で貰ったMacBookの環境設定をしたくなってきたので、とりあえず必要と思われるものとその入手先をメモっておきます。
完全に自分用メモ。

日本語入力しようとしたら勝手に変換される謎機能

邪魔なので消します。
f:id:cloudear8:20170508130909p:plain
ここのライブ変換のチェックをはずせばOK

スペルチェック無効化

環境設定→キーボード→ユーザー辞書にあるいらなそうなチェックを消す

Dvorak, SKK

最近使わなくなったので省略。

git

たしか最初から入ってた……はず。
homebrewに入ってるやつを入れるとbash-completionが増えます。

Homebrew

これがないと始まりません。
brew.sh
ここに書いてある通りにインストールします。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Emacs

github.com
日本語環境だとこのEmacsが一番いいらしいです。面倒なので思考停止してインストールしました。

$ brew tap railwaycat/emacsmacport
$ brew install emacs-mac

最後に

$ brew linkapps

とかいうコマンドが必要。よく知らんけどたぶん.appをApplications以下にリンク貼ってよしなにしてくれるやつだと思う。

さらに、デフォルトで入っている古いEmacsを間違えて起動しないように、PATHの通っている適当なところに以下のスクリプトemacsという名前で置いておく。

#!/bin/sh

/usr/local/opt/emacs-mac/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs "$@"

Haskell関連

stackはbrewにあります。

$ brew install haskell-stack

ghc-modとかはそもそも使ってないので略。あとで検討するかも。

OCaml関連

homebrewから入ります。utopも忘れずに。

$ brew install ocaml opam
$ opam init
$ spam install utop

Python関連

pyenv入れたらとりあえず勝ち。
デフォルトで入ってるやつは2.7とかいうゴミなのでなかったことにしましょう。

$ brew install pyenv
$ pyenv install 3.x.x
$ pyenv global 3.x.x

環境変数の設定とかは割愛。

node.js関連

homebrewにある

Elm関連

npmから入れる(cabalではない)

Coq関連

homebrewにある
proofgeneralは自分でmake
proofgeneral.github.io
だいたい公式サイトの通りにすればいける。

Docker

docs.docker.com
公式でバイナリが用意されています。Linux版の時は全くお目にかかることのなかった可愛らしいクジラのアイコンがついてお得。
docker-composeとかも全部勝手に入ってくれるっぽいです。

Evernote, Slack

App Storeにある